人生滅亡までのカウントダウン

約1年という時間で危機を脱する事はできるのだろうか・・・

ラーメンという国民食

 発祥は中国だけれどもはや日本人のソウルフード、ある意味和食の顔ともいっても良い気がするラーメン。基本食パン生活の身だけれど、やはりラーメンが食べたくなってくる。タバコにしても覚せい剤にしても常習性があって身体が勝手に求めてしまうものらしいけれど、ラーメンもまた同じく食べたくなってくるのである。

 好きな食材はと聞かれたら蟹と答えるけれど、好きな食べ物はといわれると寿司・焼肉もさることながらラーメンの名があがってくる。若くて暇な時には美味いラーメン屋があると聞けば車を4、5時間飛ばして食べに行ったこともある。今はさすがにそこまではできないけれど、それでもいろんなラーメンを食してみたいという気持ちは依然として薄れていない。とはいえデフレが進むこの世の中でなぜかラーメンの値段は時代に逆行しているように感じる。ひと昔前はまあ500円程度でワンコインという感覚だったけれど、今やどこでも700円程度はとるし場合によっては1,000円を超すという状態。ランチの安い店を探せばやっぱり500円で済むところもあるのに対して異常ともいえる。それでも他では味わえない超絶美味なラーメンなら納得がいくのだが、個人的に合わずなんだか試作品の失敗作のように感じてしまうものまであるから困ったものだ。

 そんなわけでもっぱら味のわかっているインスタントラーメンを食す機会も多い。昔いろいろ試してみた結果、一番おいしいと思えるのは『サッポロ一番味噌ラーメン』という結論が出た。ここしばらく食べていなかったので、と思いついにガスコンロを購入してしまうに至った。その気にさせてくれるこのラーメン、やはり魔性の力である。

 

 

 人生滅亡まで・・・あと352日。